代表取締役会長 上條 悦男

私たちが働いているダイワは、企業の存在意義・目的を「経営の理念」として掲げております。それは、社業を通じ、全従業員の物心両面の限りない幸せと豊かさを実現することであり、その結果、常にお客様の立場に立って新しい高付加価値を提供することで、社会への貢献や発展に繋がり、更には人類の平和や繁栄に繋がると考えております。

 

国内に限らず、市場のニーズに合わせた商品の開発が求められる今だからこそ、プラスチックの総合商社・総合樹脂加工企業として、更なる技術の向上が不可欠であると感じております。

震災の影響と共に、大変苦しい時代を日本は迎えようとしておりますが、ここを試練と思い、”NEXT30th”の目標を従業員と一緒に築き上げていく中で、その為に必要な人財・技術に対し、これまで以上に果敢に挑戦させて頂く事を御約束させて頂き、御挨拶とさせて頂きます。