当社では、環境への取り組みとして、環境マネジメントシステム「エコアクション21」を取得し、品質保証(有害性の排除など)を施した製品を提供する事で、お客様との信頼関係を深める一方、社内においては活動環境の改善(無駄の排除など)を通じ、より一層の生産性向上に取り組んでおります。また、クールビズ・ウォームビズ活動に取り組むことにより、地球温暖化防止に努めると同時に、省電力化に努めてまいります。

環境理念

当社、株式会社ダイワは、この美しい緑・水・空気を愛し、環境保全の取り組みが重要であると認識し、産業資材及びプラスチック等の加工製品を通じて、かけがえのない地球を健全な状態で次世代に引き継ぐために、「地球環境と企業活動との調和」を図り、社員一丸となって環境保全活動を推進します。

行動指針

エコアクション21に準拠し、構築した環境経営システムに基づき、全員参加による環境活動を推進し、地球環境の保全に取り組みます。

資源・エネルギー等の効率的な活用
水や電気、化石燃料等の消費による環境への負荷、資源枯渇等を認識し、省資源・省エネルギーの推進を図ります。
産業廃棄物の削減と再資源化の推進
産業廃棄物の削減や不要物の分別、再資源化を推進し、廃棄量の最小化と適正処理を進める。
化学物質による環境汚染の未然防止
有害な化学物質類の購入、使用廃棄等にあたり、製品安全データシート(MSDS)を活用し、適正管理運用等による環境汚染の未然防止に努めます。
環境関連法規等の遵守
事業活動に関わる環境関連法、条例、協定等、当社が決めたその他の要求事項を遵守します。
全員参加による地球環境保全への実践
全ての社員が環境問題の現状や環境経営の意義・組織の環境方針を理解し、自ら積極的に実践するための周知を行います。また、よき企業市民の一員として地域社会の貢献に努める。
有害物質の低減
RoHS・REACHに対応した製品を購入し環境へ配慮する。
グリーン購入やグリーン調達の推進
グリーン購入やグリーン調達による省資源の徹底に努める。
環境へ配慮した製品の販売促進
環境へ配慮した製品の提案営業を行い販売促進に努める。

環境方針及び環境理念は全従業員に周知徹底させる。
要求により一般の人々も入手出来るようにする。

改定日:平成22年6月21日
株式会社 ダイワ
代表取締役社長 上條 悦男

環境活動レポートはこちら