プラスチックは、「熱可塑性樹脂」と「熱硬化性樹脂」の大きく分けて2つの種類があります。
熱可塑性プラスチックは常温では個体ですが、熱を加えると軟化し流動体になり、また冷えると固まって個体になるもので、ポリエチレンや塩化ビニル樹脂がこれにあたります。

それとは異なり、熱硬化性プラスチックとは、温度を上げると一時は流動体となりますが、次第に化学変化を起こして固まり、固い物質に変化してしまうもので、フェノール樹脂などがあります。

熱硬化性樹脂

当社取り扱い品目一覧

熱硬化性樹脂 フェノール(PF)、メラミン(MF)、不飽和ポリエステル(UP)、
エポキシ(EP)、シリコーン(SI)