長野県は、南佐久郡小海町にある県有林の間伐作業によって吸収されたCo2(二酸化炭素)の削減量を、環境省のオフセットクレジット(J-VER)制度に基づくクレジットとして販売し、その収益を今後の県有林の森林整備事業に活用することで、環境保全や地球温暖化防止に貢献する取組みを推進しています。

ダイワは、上記の長野県の取組みに賛同し、我々の使命とする「環境経営」の一環として、県が販売されたクレジットを1t購入させていただきました。

全社で取り組んでいるEA21:環境経営活動と共に地球環境への貢献を、今後も継続してまいります。